2017-11

Latest Entries

ジョン・ボイン「縞模様のパジャマの少年」

  yjimage[7]



ベルリンから引っ越してきた見知らぬ土地で、軍人の息子ブルーノは遊び相手もなく退屈な毎日を送っていた。
ある日、ブルーノは探検に出かけ、巨大なフェンス越しに、縞模様のパジャマを着た少年と出会い、友情が芽生えるが…。




第二次世界大戦中のドイツでの話
収容所に入れられたユダヤ人の少年と、それを監視する軍人を父に持つ少年との交流を描いています。
読友さんに薦められて読んでみたのだけど、とても辛い内容でした。

クライマックスに向かうに従い、嫌~な予感が・・・
読み終わった時は脱力感でしばらく動けなかった。
悲惨すぎる結末で、変な話、訳者あとがきで「収容所の厳重な監視体制からしてありえない話」とあるのが救いに思えたくらい。

しかし考えてみると、戦争や迫害によって、現実にはこんな悲劇が数え切れないほど起こったわけで。
たくさんの悲劇が歴史的事実であることに変わりはないのです。


この本、中高生あたりが対象っぽい。
文字が大きいし、よみがながふってある漢字がたくさん、ページ数も少なめ。
確かに、若い人たちがこういった小説を読んで語り継いでいかないといけないことだと思います。

ユダヤ人迫害に至った歴史的背景については描かれていません。
そういうことは授業や教科書やウィキペディアで補って、ということかな?

映画化されているようなので、そっちの方がわかりやすいかもしれません。
私は原作が気に入ったら映画やドラマも観たい方だけど、辛すぎて・・・しばらくは観れそうにありません・・・。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chikura306.blog.fc2.com/tb.php/1156-5928eb94

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

きさらぎ

Author:きさらぎ
 
ミステリ・サスペンス小説が好き。
あと医療系も。

敬愛する東野圭吾さんの作品は、エッセイも含めコンプリートしました。
中でも一番のお気に入りは
「白夜行」♪

 

最新記事

訪問人数

 

カテゴリ

江戸川乱歩賞受賞作品 (23)
相場英雄 (6)
秋吉理香子 (8)
明野照葉 (8)
麻野涼 (7)
麻見和史 (18)
芦沢央 (4)
伊岡瞬 (6)
阿部智里 (5)
五十嵐貴久 (6)
池井戸潤 (27)
伊坂幸太郎 (8)
乾くるみ (6)
遠藤武文 (10)
逢坂剛 (7)
緒川怜 (5)
奥田英朗 (5)
恩田陸 (10)
海堂尊 (12)
垣谷美雨 (9)
角田光代 (5)
加藤シゲアキ (4)
鏑木蓮 (14)
河合莞爾 (4)
川瀬七緒 (5)
木内一裕 (7)
貴志祐介 (8)
桐野夏生 (3)
久坂部羊 (12)
櫛木理宇 (7)
黒川博行 (5)
近藤史恵 (4)
今野敏 (10)
桜木紫乃 (3)
佐藤青南 (14)
雫井脩介 (10)
下村敦史 (8)
首藤瓜於 (2)
殊能将之 (7)
新野剛志 (6)
真保裕一 (3)
末浦広海 (10)
仙川環 (11)
曽根圭介 (8)
大門剛明 (12)
高野和明 (2)
拓未司 (3)
知念実希人 (17)
月村了衛 (7)
辻村深月 (18)
堂場瞬一 (5)
塔山郁 (3)
富樫倫太郎 (14)
長岡弘樹 (5)
中山七里 (28)
七尾与史 (24)
七河迦南 (3)
貫井徳郎 (7)
沼田まほかる (3)
葉真中顕 (3)
東川篤哉 (14)
東野圭吾 (22)
百田尚樹 (6)
深町秋生 (13)
福井晴敏 (2)
福田和代 (26)
堀内公太郎 (7)
誉田哲也 (25)
前川裕 (9)
真梨幸子 (16)
深木章子 (8)
道尾秀介 (21)
湊かなえ (15)
宮部みゆき (8)
薬丸岳 (14)
矢月秀作 (19)
柳広司 (3)
山田宗樹 (7)
柚月裕子 (11)
横関大 (10)
横山秀夫 (13)
吉田恭教 (7)
渡辺容子 (5)
その他の作家(乱歩賞作家) (10)
その他の作家 (190)
アンソロジー (12)
エッセイ・ドキュメンタリー (31)
本の話 (19)
テレビ・ドラマ・映画 (39)
日々のつぶやき (62)
好きなこと (30)
未分類 (1)

 

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR