2017-11

Latest Entries

タチアナ・ド・ロネ「サラの鍵」

  yjimage[4]


60年前、ナチスに連れ去られた少女サラが私の人生を変えていく…。
パリで暮らす米国人記者ジュリアは戦時中に起きたユダヤ人迫害事件を取材することに。
しかしその事件が彼女の、そして家族の人生を大きくゆさぶりはじめる。




先日読んだ「小泉今日子書評集」に取り上げられていて、多くの作品の中で一番惹きつけられました。
いや~、この本にビビビッと来た自分を褒めたい。
心に訴えかけてくる素晴らしい作品でした。


1942年7月16日、第二次世界大戦中のパリ
ナチスによるユダヤ人一斉検挙が始まる。
ユダヤ人をとらえに来たのはナチスではなく、フランス警察だったーーー

この日、パリ及びその近郊に住むユダヤ人1万3152人が一斉検挙され、ヴェロドローム・ディヴェール(略称ヴェルディヴ)という屋内競技場に押し込められた。
その中で生還できたのは約400人にすぎなかったそうです。


ユダヤ人迫害という歴史的事実については、「アンネの日記」くらいしか読んだことがありません。
あちらはナチスによる迫害でしたが、これは、ドイツ軍占領下のフランスで起きた出来事。
ユダヤ系フランス人を、フランスが国家的に検挙したことが悲劇の始まりでした。


この物語はこのように始まります。

フランス警察が家に踏み込んだ時、10歳のサラはとっさに弟を納戸に隠し、鍵をかけた。
幼い彼女は何が起こっているのか知らず、すぐに家に帰れると思ったのです。
しかしサラと両親は収容所に送られるーーー


歴史的事実なので、多くのユダヤ人が辿る運命はわかっています。
でも、閉じ込められた弟はどうなる?
サラはどうする?

書評で触れられていた続きがとても気になり、すぐに借りて読み始めました。


60年前に起きた悲惨な出来事、そしてそのことを掘り起こそうとするパリに住むアメリカ人のジュリア
古い小さなアパートで交錯する2つの人生ーーー


正直、創作部分の主人公ジュリアにはうんざりする部分も多いけど、第二次世界大戦中にはこういうユダヤ人家族がたくさんいたのです。


時を超えて1995年、シラク大統領(当時)が”ヴェルディヴ事件でフランス人が担った役割に対する責任を忘れないように”というスピーチをしました。
自国の暗黒史を認め、国家として謝罪したことは、すごいことなのだな、と思います。



翻訳本が苦手で、年に1~2冊しか海外小説を読まない私ですが、この本に関してはまったく気になりませんでした。
翻訳も上手いし、なにより物語として素晴らしい。
いろいろ考えさせられ、二日間没頭しました。

多くの方に読んでほしい一冊です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chikura306.blog.fc2.com/tb.php/1146-3fa1c4fb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

きさらぎ

Author:きさらぎ
 
ミステリ・サスペンス小説が好き。
あと医療系も。

敬愛する東野圭吾さんの作品は、エッセイも含めコンプリートしました。
中でも一番のお気に入りは
「白夜行」♪

 

最新記事

訪問人数

 

カテゴリ

江戸川乱歩賞受賞作品 (23)
相場英雄 (6)
秋吉理香子 (8)
明野照葉 (8)
麻野涼 (7)
麻見和史 (18)
芦沢央 (4)
伊岡瞬 (6)
阿部智里 (5)
五十嵐貴久 (6)
池井戸潤 (27)
伊坂幸太郎 (8)
乾くるみ (6)
遠藤武文 (10)
逢坂剛 (7)
緒川怜 (5)
奥田英朗 (5)
恩田陸 (10)
海堂尊 (12)
垣谷美雨 (9)
角田光代 (5)
加藤シゲアキ (4)
鏑木蓮 (14)
河合莞爾 (4)
川瀬七緒 (5)
木内一裕 (7)
貴志祐介 (8)
桐野夏生 (3)
久坂部羊 (12)
櫛木理宇 (7)
黒川博行 (5)
近藤史恵 (4)
今野敏 (10)
桜木紫乃 (3)
佐藤青南 (14)
雫井脩介 (10)
下村敦史 (8)
首藤瓜於 (2)
殊能将之 (7)
新野剛志 (6)
真保裕一 (3)
末浦広海 (10)
仙川環 (11)
曽根圭介 (8)
大門剛明 (12)
高野和明 (2)
拓未司 (3)
知念実希人 (17)
月村了衛 (7)
辻村深月 (18)
堂場瞬一 (5)
塔山郁 (3)
富樫倫太郎 (14)
長岡弘樹 (5)
中山七里 (28)
七尾与史 (24)
七河迦南 (3)
貫井徳郎 (7)
沼田まほかる (3)
葉真中顕 (3)
東川篤哉 (14)
東野圭吾 (22)
百田尚樹 (6)
深町秋生 (13)
福井晴敏 (2)
福田和代 (26)
堀内公太郎 (7)
誉田哲也 (25)
前川裕 (9)
真梨幸子 (16)
深木章子 (8)
道尾秀介 (21)
湊かなえ (15)
宮部みゆき (8)
薬丸岳 (14)
矢月秀作 (19)
柳広司 (3)
山田宗樹 (7)
柚月裕子 (11)
横関大 (10)
横山秀夫 (13)
吉田恭教 (7)
渡辺容子 (5)
その他の作家(乱歩賞作家) (10)
その他の作家 (190)
アンソロジー (12)
エッセイ・ドキュメンタリー (31)
本の話 (19)
テレビ・ドラマ・映画 (39)
日々のつぶやき (62)
好きなこと (30)
未分類 (1)

 

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

 

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR